とある日の夢

とある日の夢が妙に鮮明というか、頭から離れないので書いておく。



テレビの画面越しに見ているような、その場に立っているような視界。


場所は某有名な遊園地のレストランのような、スキー場のフードコートのような、そんな空間。

高い天井と広い空間に、右側の壁はガラス張りで外からの光が眩しい。



ふと近くの2名席に、高齢の男性と

年齢がよくわからないが若そうな女性が掛けている。


服装はデパートの婦人服コーナーのような、ちょっと年に似合わない格好の女性。

ピンクとグレーのポロシャツで、白髪交じりの短髪で、河川敷で犬の散歩でもしていそうな後ろ姿の男性。


ウェイターが持ってきたのは高さの違う5つのコップ。

それぞれ配置が決められたかのように女性の前に並べられる。



女性はにこやかにそれぞれに適当に水を注ぐが、1滴もこぼさないほど手際が良い。

談笑しながら注ぎ終えると、コップを一つ持って右の鼻から水を飲み始めた。

次に左の鼻から。


最後に口から飲み干すと。

男性のコップへ右の鼻で飲んだ残りの水を、いっそうにこやかな顔で、しわしわな顔で注ぐ。


後ろ姿から男性の表情は見えないが、肩がリズミカルに上下する。

笑っているのだろう。



ここで夢はおしまい。


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

砂漠のニルヴァーナ

ここ最近。私の中から文字に起こしたいという感情がスーッと消えかかっている。 Twitterも眺めてはいるが頭の中で考えるに留まることが多い。考え事がなくなったわけではないのに。不思議なものだ。

具合の悪い夢

久しぶりに具合が悪いという状態を味わい、随分鮮明な夢を見たので いい絵が描けない気晴らしにちょいとこの具合が悪い夢の話を書いてみる。