ほたるのひかり



個展が始まってからもう1週間が過ぎました。

こういうのは終わってから書くべきなんですが、終わった日とその翌日は燃え尽き症候群してそうなので

今の気持ちで一旦頭の中の言葉を吐き出しておこうと思います。



まずはTwitter、Instagram、その他SNS上で情報を見てお越しいただいた皆々様。

本当にありがとうございます。


2年前の初回以上に、何もかもが不安ではありました。

とにかく思ったことは「誰も来ないんじゃないか」です。


私自身もこの半年以上、ほとんど外出を避けて月の9割を自宅で過ごしていますので

本当に外の事って分からなくなってました。


実際、2年前と比べたら来客数は相当人は減ってました。

そもそもギャラリーのブースが埋まってない日もあるくらいの状況ですから、これは仕方のない事です。

そんな中でも、私の存在を知ってわざわざ足を運んでくださる人がいたことがとても励みになりました。


2日目の終わりから置いたフリーノートは、昨日には2ページほどメッセージを頂けていました。

そもそも書くことに抵抗があるもので、更に私の作品スタイルから言葉に起こすのは躊躇するところもあるかと思います。


作品は画面越しより実物の方が情報量が多い様に、手書きの文字も見慣れたフォントで読む文字の何倍も嬉しさがありますね。

とにかく今日までに思っているのは去年の個展を中止したときに諦めないで1年模索し続けて良かったということです。




今日に至るまでのダイジェスト

なんとなく、今回の個展をきっかけにこのブログに目を通していただける方もいるかなと思いますので

っざっくりとこれまでの活動を書いてみます。



2018年から写真を初め、すぐにコンセプチュアルアートを意識し始めました。(当時は言葉すら知りませんでしたが)

そこから翌年の2019年に個展 NOTHING HAPPENS を開き、うんうん写真展ね。見たいな空気で終えました。

この時は自分の作品を写真じゃなければなんなのかというのが分からずとにかく言葉を使って伝えたいことを詰め込みました。

キャプションにそれぞれの写真が持つストーリーを書き連ねた。鬱蒼とした内容でした。

とにかくこの展示の後は苦しみました。自己満足の発表会がしたかったんじゃないのにとあれこれ悔やみます。


しばらくしたらまた作品公開しますが、一部を載せます。


タイトル「みんな」




私自身当時の写真作品を否定はしませんが、粗削りの未熟さをひしひしと今感じます。

そのあとしばらくして、ようやく芸術についてを学び出し、私はコンセプチュアルアーティストなんだ!となったんですが、2020年の早々にコロナ禍により個展の中止を余儀なくされ路頭に迷いました。


家から出れないんじゃ写真も取れないし、どうすりゃいいんだと悩んでアートブック(紙面展示)だ!

ということで着想から2週間で作り上げたのが Copy & Paradox という一冊。


表紙だけですがこんな感じ。




Copy & Paradox に関してはSNS上で告知して販売のみだったので、本当に世に出回った数は少ないものです。

ずっと言葉にしようとして一度も書いてませんでしたが。

ものすごくチープさを意識して作り上げました。


短期間で考えて作品化して販売開始まで進めてますから、良くない印象を持たれた方もいたと思います。

あれは全てはタイトルに返るように作っていて、複製という薄っぺらい刷りまわしの情報が起こす矛盾を見るための一冊として作りました。いろんな意味で薄っぺらい作品です。



この後、コロナが落ち着いたら個展やってやる!

と思ってグラフィックの勉強を始めまして。


2021年の2月に念願の個展第二弾として「What do you think?」に至りました。

持てる術をすべて使ってあらゆる媒体で表現した空間は、私の精神の新陳代謝のように感じました。

美大芸大生でいうと「What do you think?」は卒展です。




ほたるのひかりが流れ始めた

残すところ会期もあと2日です。

明日は在朗しないので、私があの空間に立てるのは最終日の数時間だけ。


頭の中では閉店15分前のほたるのひかりがずっと流れています。


ステッカ―は、売るなら初日にちゃんと準備して販売委託までしておくんだったとずっと後悔してます。

そのうちオンラインで販売します。可愛いので、是非。



次にブログを書く時は、「What do you think?」は何を言いたかったのか。

とか書けたらいいなと思います。



それではまた。


12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

砂漠のニルヴァーナ

ここ最近。私の中から文字に起こしたいという感情がスーッと消えかかっている。 Twitterも眺めてはいるが頭の中で考えるに留まることが多い。考え事がなくなったわけではないのに。不思議なものだ。

具合の悪い夢

久しぶりに具合が悪いという状態を味わい、随分鮮明な夢を見たので いい絵が描けない気晴らしにちょいとこの具合が悪い夢の話を書いてみる。